2010年12月14日

犬さらい、あらわる。

前回の続き〜

---------------------------

さて、いよいよ犬のおでむかえ。

朝、新潟を出発し、お昼前に埼玉に到着!

アラスカンパークのママさんから、犬をむかえるにあたってのいろんな指導をうけて、

紫音の母子手帳をもらって、いざ犬とご対面!

で、でかい!!

すでにかなりののデカさとなっておりました!!!!!!!!

子犬だったはずがあっというまにすでに体重32キロ!!!!

そして、車に乗せようとするも、全力で嫌がり、絶対に乗らない!!

さすがに何かを察しているんですね(涙)

犬:「なんか違う・・・いつもと違う・・・変だ変だ変だ・・・」

と思っていたことでしょう。

しかし、抵抗空しく紫音はバリケンに格納され、あっとうまに車に収納〜

ママさんとお別れを惜しみつつも埼玉を後にしました。

道中、車の中で、犬はずっと

「ヒ〜〜〜〜〜ンピーピーピーピーピーうお〜〜〜んもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

とないておりました。まさに泣いてる感じ。

ママさんや同じゲージに住んでたドナに助けを求めてるんだろうな・・

そりゃ、いきなり、わけのわからない2人が来て、

育ててくれたママさんと引き離され、

見たこともない車に乗せられ、

車酔い防止のため、犬は朝からごはんをあたえてもらえず、

さらに、前日生まれて初めてのシャンプーをされて、

「ななな何する気?アラスカンパークに帰りたいよお〜うお〜〜〜ん」


って感じにもなるわ

そんなこんなで、家について、車から紫音をおろそうとするも、

絶対降りない。

断固降りない。

もうしょうがないので、バリケンごと家の中に入れました。

家の中に入れて、バリケンの扉をあけてても、

全然外にでようとしません。

相当怖いのか、バリケンの中で

ガタガタブルブル(((゜Д゜;)))ガタブルガタブル

って、なってました。

ビビってます。

しばらく(1時間ぐらい?)ほっといたら、自分で出てきたので、

ドックフードやお水をあげて、その日は寝たのですが、

大変なのはその次の日からでした!

まだ続く〜


-------------------------------

ちなみに我が家で紫音のゲージはこんな感じで設置されてます!!

あら!!!まさに測ったかのように階段下にぴったり!!!!


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。