2010年12月15日

紫音、子宮蓄膿症になる。

前回の続き・・

----------------

そこであわてて車に犬をつめこみ、ダッシュで閉店まぎわの病院へ・・・

しかし、「子宮蓄膿症かもしれない・・!!」とママさんに言われたわけですが、

ゆきまおはそんな病気全然知らなくて、

最初聞いた時、

「し、しきゅうちくのうしょう???」

となり、脳内で漢字変換できませんでした(汗)

病院でかくかくしかじかでと事情を話し、

血液検査をお願いしました。

ママさんからマラミュートは他の犬と違って白血球が20000以上だと蓄膿症だと。(と言われた気がする。うろ覚え)

で、かーなーり待って検査結果がでました。

数字は18000!

なので、子宮蓄膿症ではなく、唐揚げや豚の胸骨の食べすぎによる腸炎と膀胱炎かなあ・・みたいな診察結果でした。

なにより、子宮蓄膿症は1歳の犬がなる病気ではなく、もっと年をとったメス犬がなるんだと。

その先生が診察した中で一番若いメス犬の子宮蓄膿症患犬は3歳、ということでした。

診察後、さっそくアラスカンパークのママさんに電話すると、

「白血球18000だとすると子宮蓄膿症ではないと違うと思うわ。

蓄膿症の子は白血球が異常に高くなるのよ。

それにまだ1歳だし、子宮蓄膿症は、1歳ではならない病気なのよね。

私も20年ブリーダーやってるけど、子宮蓄膿症になってしまった一番若い子は2歳10カ月(だったかな?)の子だったわ。」

の声。

んで、その日は家に帰ったのです。

もうかなり遅かったし。(病院で24時すぎ。ゆきまおは次の会社)

でも、その日の夜中、紫音が部屋で全然落ち着かない。

ずっとうろうろ徘徊して、水をガブガブ飲んで、おしっこを大量にし、

全然寝れない様子で、これはいよいよヤバイな、と。

家帰ってからいろんなホームページ見て、子宮蓄膿症の症状の

食欲低下   嘔吐   多飲多尿 

にぴったりあてはまってる!!!

しかも、陰部を気にしてなめつづけ、

しっこの最後にイチゴミルクのような血・・・

もう、間違いない!!!!

明日朝イチで動物病院に連れて行かねばっ!!!

んで、ほぼ起き続けて次の日になり、開店と同時に病院にGO!!!

昨日行った病院は、分院だったので、この日は本院に行きました。

もともと、昨日、一晩見て症状悪かったら本院に来るように言われたのでした。

朝イチで見てもらって、診察台の上に乗ったら、血がドバーーーーーーーーーーっと出ちゃって。

もう間違いないね、と。

子宮蓄膿症の犬でも、紫音みたく、膿を中にためずに外に出す子は

まれに白血球の数値があがらないケースがあるんだとか。

で、獣医さんに

子宮蓄膿症の治療とは・・・・


一番いいのは手術ということになります。


その病院は、今日は手術が3件入ってて、その日は無理で、


早くてあさってですね。どうしますか?と言われました。

なんあななんんとおおおお!!!

あああああ、あさってしゅしゅしゅ手術!!

まだうちに来て1か月ぐらいしかたってないというのに!!

しゅしゅしゅsじゅつってかーーーーー

おおおおおおおおおーーーー

・・・以後動揺・・・


薬で症状を抑えることができても、

手術が一番いいということ、紫音は子宮蓄膿症開放型(膿を出すのであんまり子宮にたまらない)なので、

別にいきなり明日手術しなくても大丈夫。飼い主さん次第ですね。

みたいなことを言われて、その日は病院をあとにしました。(そしてその後猛ダッシュで会社に行きました)

会社に行ってもあ〜〜〜〜〜〜〜〜

ぐぬぬぬぬ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

むむむむ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

仕事が手につきません!!

薬とかで治療しても抜本的解決策にならないわけですから、

どう考えてもした方がいいなと思い、

夕方には手術をお願いする旨を電話。

そして、紫音の手術が決まりました。

ここまでの経緯をアラスカンパークのママさんに電話し、事情を説明。

ママさんも1歳の犬の子宮蓄膿症は聞いたことないとびっくり。

でもガーくん(ガーファンクルというアラスカンパークの初代ボス犬ですでに老衰で死去)とともに成功を祈ってるわ、と。

で、紫音の手術当日になりました。

その日もどうしてもゆきまおは会社を休めなかったので、

朝、紫音を病院にお願いして、手術は午後イチと聞き、夕方に病院に行くことを約束して会社に出社。

会議や打ち合わせや各種作業をこなしていたところに、

「手術成功しました。」の電話が。

あ〜〜よかった

で、夕方病院に行くと、手術成功しましたよ〜と

手術の様子や取り出した子宮をみせてもらいました。

それはそれはグロかったです。

そうですねえ、かなり大きくて太めのソーセージがパンパンになるまでふくらんでで、ザ内臓って感じでした。

写真も撮ったんですが、とてもここにはのせられません!!!!

紫音が収納されてるゲージに行くと、

うれしそうに立ち上がり、しっぽふりふり♪

おうちに帰るの。

と言ってるみたいでした。

残念ながら紫音は家には帰れず、そのまま病院にお泊り(入院)

私一人で、帰った家は、ガラーーーンとしてて、

もちろん何も破壊されてなく

なんだかものすごくもの悲しい。

もう紫音はなくてはならない存在なんだな、と強く思いました。

で、2日ぐらい病院に入院して、超元気になって退院したわけですが、

なんといっても腹を丸刈りされてたんで、

おなかを触るとジョーリジョーリww

ひげそりの後みたいでした(爆笑)

さて、最後は腹禿げ犬の毛が戻るまでを掲載して今日は終りにしたいと思います。

腹禿げ01.jpg

腹禿げ02.jpg

腹禿げ03.jpg

腹禿げ04.jpg







banner.jpg
そしていよいよ明日は!!!!!!



新発売!【わんわんチェッカー】 尿と便を送るだけ!愛犬の健康チェックにおすすめです
人気ペット食事療法食、医薬品通販サイト
安心の国産・無添加のペットフードは犬猫自然食本舗
∪*^ェ^*∪大切なペットの保険選びは!
どうぶつ健保の決定版⇒「アニコムのどうぶつ健保」
犬服・犬用品のジャングルドッグ


この記事へのコメント
そうやったんやーーー

それは知らんかった〜

無事で、ホントに良かったよね!
Posted by Snow at 2010年12月16日 01:57
そっか
大変だったね・・・・
ちょうど同じ頃 ドナはといえば
雪の上に 毛の生えそろわないおなかをくっつけて 尿道炎になっていました。
姉妹なんですね・・・・・
Posted by ドナ・サマーのマネージャー at 2010年12月16日 08:51
紫音ちゃん&ゆきまおさん&ターボさんは遠距離恋愛ならぬ 
遠距離家族してたのね〜
なんかとってもステキな想い出(^m^

紫音ちゃん 若いミソラデ大変な手術を経験したのね〜U^0^;U

しっかし11頭の兄弟とは 大型犬でも多い方だよね〜 
ちなみに昔我家で生まれた コリーのプリンの兄弟は10頭でした^^

。。。で〜〜〜 それから それからはU?;?U...。o○
Posted by minori at 2010年12月16日 13:31
>SNOWさん

そうなんすよ〜

>ドナさん

いや〜とっても大変でした!

>monoriさん

とっても大変でした!でもいい思い出です

11頭兄弟ってやっぱ多いんですね

マラミュートは多産なんだなあ・・
Posted by ゆきまお at 2010年12月17日 07:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。